活動日誌 − 活動報告明るい恵那

【16.09.11】共産党岐阜県委員会での要望実現

障害木 早速伐採 ありがとうございました

JCP恵那
 長島町永田 県道66号国道19号下の交差点の障害になっている樹木について、29日の共産党岐阜県下議員団の交渉で、「県で切ります」との回答をもらいましたが、早速その週のうちに切っていただけました。ありがとうございました。欲を言えば、もう少し伐ってもらうと、西方から来た車から見やすくなると思いますが・・。早速の対応、ありがとうございました。 

 

電磁波について住民にわかりやすく説明すること

 8月29日の県要望の中で、リニアに関する項目についても共産党恵那市委員会はいくつか提起しました。
 
 恵那市久須見に設置が予定されているリニア専用の50万ボルトの送電線について、「電磁波を中部電力は環境影響評価項目にあげていないことは問題である。評価項目に加えるように」との要望について、県の担当者は「環境影響評価方法書に対する知事意見」を紹介されました。

 県のホーム・ページの「知事意見」の中で「その他」として

「電磁界が人体に及ぼす影響について地域住民の不安感を払拭するために、具体的なデータを示す等、わかりやすく示すこと」と記述されています。 
 「今後、中電がこの知事意見に従って対応するよう注視しなければ」と、水野のりみち市議は語っています。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)