活動日誌 − 活動報告明るい恵那

【17.04.14】ストップリニア訴訟岐阜県弁護団と情報交換会

自然環境、生活環境に重大な影響 不安いっぱい

JCP恵那
リニア中央新幹線計画を環境影響評価が不十分なまま工事認可したことは認められないと国を相手に裁判が始まっています。4月14日恵那文化センターで、訴訟弁護団と、この地域沿線で被害を受ける沿線関係者との懇談会が開かれました。
 電磁波、地下水枯渇、地盤沈下など、多くの問題が指摘されました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)