活動日誌 − 活動報告明るい恵那水野のりみち

【17.04.19】栄総行動で中部電力と中部経済産業局に訴え

中部電力に浜岡原発廃炉セよ

JCP恵那
 4月19日、第87回総行動があり、「東濃・下伊那とその下流域を核のゴミから守る連絡会」は午前中は中部電力本社で「浜岡原発の廃炉を」「自然エネルギーに転換を」と訴えました。
    

 

 

今後も各地で説明会を開く

午後は中部経済産業局で、「原発から撤退を」「放射性核廃棄物地層処分場選定に協力を求めるなら原発再稼働せず、まず廃止すべきだ」と訴えました。
 対応した岡本電源開発調整監は核廃棄物地層処分について、これまで「科学的有望地を国が示すとしてきたが、ピンポイントで決められるようなものではない。国民の皆さんと一緒に考えて行きたい」との見解を述べ、NUMOの「説明会資料」を渡されました。 
 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)