活動日誌 − 明るい恵那

【17.10.29】RUN伴プラス クリスタルスケート場で

多くの人たちに支えられて

JCP恵那
 「認知症や障害があっても安心して暮らせる地域づくり」を目指して全国各地でとりくまれています。台風22号が心配された10月29日、武並町のクリスタルパークでえなRUN伴+2017が開かれました。天気が良ければ市内各地から走ってたすきをつないで、ここへ集まる計画でしたが、それでも出店やフリーマーケット、盆踊りなどがあり盛り上がっていました。延べ1000人もの来場者とのことでした。
 

恵那市は若い人が多い

オレンジのTシャツの人がみなさん明るく活動されていました。「恵那市は特に若い人が多い」と、この日出店されていた施設のリーダーからお聞きしました。恵那市の27年度の介護保険特別会計が黒字になったことは皆さんの知恵とエネルギーもその源泉ではなかったかと思います。国・財務省は来年度から介護報酬の切り下げを打ち出していますがそれは逆で、この若い人たちが安心して結婚でき恵那市の次世代を担っていただけるよう、支援しなくてはと思いました。  
 

インスタ映え

  スケート場に出来た「インスタ映え」スポットが人気のようです。
今年の夏祭り頃に出来た場所ですが、すでに1000人も来られているようです。
 私も近くにいた中学生に撮ってもらいました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)