活動日誌 − 活動報告

【17.11.12】有権者が政治家を変え、そして政治を動かすトークフェスティバル2イン中の島

ゲストスピーカー中野たけしさん

JCP恵那
中津川市阿木の中の島公園で、「トークフェスティバル2イン中の島」が開かれました。「はたらく・そだてる」をテーマに子育て中のパパママらの日ごろの思いを聞く少し大がかりなつどいでした。先の衆議院選挙比例候補だった三重の中野たけしさんに来ていただき、先の選挙から見えるものとして、三重県を例に「有権者が政治家を変え、そして政治を動かす」と今回の選挙の成果を強調されていたのが印象的でした。また地方の雇用を増やし人口減少を食い止めるためにも、宝である林業こそ成長産業であると訴えられましたが、恵那市でも林業を見直し重視して地域の復興に取り組んでいる地域がありますが、この話を地域でも紹介したいと思いました。
 

若い人が声をあげれるようにするには

もう一人のゲストスピーカーである非正規労組の役員から「最低賃金」について、最低でも時給1000円、ぜひ1500円にして「8時間働けば普通に暮らせる社会へ」の取り組みが紹介されました。グループトークでは、パパママだけでなく、次々と、お父さんお母さんも、息子たち娘たちのブラックな働き方について実態が語られました。「どのようにして当事者である若い人の声を聞きだすことができるか、これが重要だ」との思いを皆さんと共有しました。  

皆さんありがとうございました

お昼には支援の多くの支部の皆さん自慢のごへいもちや地元の野菜いっぱいの豚汁、そして28人ものこどもたちの託児など、総力を挙げた取り組みでした。
少し昔若かった男性グループバンド演奏も良かったです。  

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)