活動日誌 − 活動報告明るい恵那

【19.01.20】瑞浪市議選 1月27日 公示 共産党 舘林辰郎議員が決意

リニア残土処分場」「介護保健」議会基本条例」など縦横の活躍

JCP恵那今年は4月の一斉地方選挙、そして夏には参議院選挙と選挙の年、と言われていますが、その先陣を切って隣の瑞浪市の市議選が1月27日公示、2月3日投票で行われます。

 瑞浪市は恵那市に隣接し、瑞浪市政と恵那市政も関連することも多く、最近はリニア中央新幹線の日吉トンネルでつながることから無関心ではおられません。
 
 瑞浪市議会9月議会でリニア残土処分について舘林辰郎議員は、重金属を含む発生土仮置き場計画について、「市民から選ばれた議員として」と強調したうえで質問されています。ヒ素、フッ素、ホウ素の重金属などの「要対策土」仮置き場の問題、そして最も問題のウラン含有発生土が出た時などの問題を取り上げて、厳しく追及されています。昨年10月の共産党岐阜県委員会の政府交渉では、国交省に対して現地の問題を強く提起されていました。
 恵那市民としても関心の高い問題を取り上げられています。このようなことから水野功教恵那市議も支援に出かけています。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)