市政の動き − 水野のりみち遠山信子

【11.05.26】窓口負担軽減化に踏み切る 国保運営協議会を傍聴 

医療費伸び率低下で、保険料引き上げ計画を取りやめ 

JCP恵那
 恵那市議会も二元性の原則から、議員は行政委員会には加わらないことになりました。これまで議会代表として出席していた国民健康保険運営協議会の開催を聞きつけ、傍聴しました。
 今回は、新しい委員さんへの委嘱状の交付があり、議事として保険料についての諮問、そして共産党議員団がかねてから実施を求めてきた国保の窓口負担の軽減化についてでした。これについて東濃5市との調整もついたようですが、なかなか条件が厳しいようです。実施時期等も不明ですので、早急に内容の確認したいと思います。
 いずれにしても、議員団が取り上げた要望が実現でき、まず前進です。
なお、保険料は昨年大幅引き上げし、今年も引き上げる予定でしたが、見込んでいたほど、医療給付費が伸びていないことから、据置きすることになりましたが、なぜ医療費が伸びなかったかを分析して委員に理解していただくことが必要ではないでしょうか。

久須見一の沢のひとつばたご

  満開の様子

久須見千田(越高)のひとつばたご

  まだ満開ではない 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)