市政の動き − 議会・政策・見解遠山信子

【11.06.17】第1回市民評価委員会 傍聴

恵那市役所の561事業から10テーマを選定

JCP恵那
 昨年は試行として「外部評価委員会」ということで実施されましたが、今年度から「市民評価委員会」として昨年度のメンバーに新たに公募委員(若い女性3名)と恵那商工会議所、恵南商工会の代表を加え10名で任期は2年。公募には男性や壮年の応募はなかったでしょうか。オブザーバーは昨年と同じ竹内泰夫氏です。委員長は試行と同じ市川美彦元市議です。
 昨年は選定テーマの問題から委員へかなりのプレッシャーがあったようです。
 テーマ選定は、昨年恵那市が行った仕事の中から事務局から示された561事業の内から各委員が3件を推薦し、その中から10件に絞るということです。どのようなテーマになるか期待されます。
   

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)