市政の動き − 議会・政策・見解水野のりみち

【17.03.31】3月議会 委員会 こども園の論議 (1)

新こども園 ヒ素のある土地はダメと言っていたのになぜ購入したのか 記録の公開を

JCP恵那4番委員(水野功教委員)
 こども園建設事業費について、このこども園については12 月議会でもお伺いしました。
情報公開で取り寄せた資料には今までの地権者の美濃酪さんと恵那市との交渉経過が書いてありました。ただ、その後、当初はヒ素のあるところは駄目だ、と言っていたのを結局は恵那市が買うということにして、議会にも出して結論を持って行くことにしたわけですが、買わないと言っていたのに買うことに決断したことに、庁内ではような協議があったのか。皆さん市民の方も関心が高い。これについて記録があると思うので教えていただきたい。

全部撤去するには2億円以上かかる

教育委員会事務局調整監
 まず1点目のことでございますけれども、当初は買わないということではなく全部撤去して下さいということで進めておりました。しかしながら、当初のヒ素が出た段階では、ヒ素の検査をしたのが表層の部分、地上の部分だけの検査でしたので、撤去費が数千万円で済むというような事から全部撤去ということで進めておりましたけれども、詳細な調査をしたところ、地下の奥の方にもヒ素があるということがわかり、それを全部撤去するということになると、2億とかそういうお金がかかってしまうということになります。そうしますと、土地代としては、鑑定価格として1億6000万円程でございましたので、マイナスでゼロになってしまう。それではおかしいということから、対策費についてどれだけ控除していくのかというようなことで検討を進めてきました。それで、まだ26年当時につきましては、設計も何もない時期であります。したがいまして、校舎の配置がどうであるとか、園庭がどのぐらいの広さになるだとか、そういうことが何もない想定の中で算定をしております。その時の積算資料につきましては、昨年9月の全員協議会の方で細かい資料は添付しておりますが、1,450平米の園庭部分に盛り土をするという費用と、それから建物の基礎工事の周りを矢板で囲むというようなことなどを算定して、4,300万円控除するということで購入を進めたものです。

合意の文書の公開を

4番委員(水野功教委員)
 ヒ素のあるところは駄目だよと言っていたのを、売り主の方が全量撤去すると、ただになってしまう。それはできないので、話し合いをして合意に至ったと言うが、合意をした文書はありますか。地権者に宛てた回答書とか。

教育委員会事務局調整監
 情報公開で出したものがすべての資料です。その中には、先程も言いましたように最初は撤去金額で話をしておりましたが、撤去金額では価値がなくなってしまうというような事で、その対策費を控除するというようなかたちに変わっていったと認識しております。

双方、物別れで終わっている

4番委員(水野功教委員)
 情報公開について、私がもらった範囲は、後はこっちで判断する、というところまでしかもらっていない。その後どういう風にして向こうに対してアクションしたのか。その文書はあるか、ないか、それをお聞きするわけですが?

育委員会事務局調整監
 恐らくですけれども、26年の12月25日まで情報公開をもっていっておりますので、その先の話かと思います。この26年の12月25日、ここまでの間につきまして、25年の2月からヒ素が出て以来、美濃酪さんなどとその対策費等について、15回ほど交渉しておりますけれども、26年の12月25日の時点では、こちらの方から提示したものに対して、美濃酪はそれでは承諾できないというようなことで、物別れをして終わっております。双方持ち帰って検討するということで、終わっております。その後、こちらも持ち帰って検討し、その算定根拠を見直し、その金額を内部で打ち合わせたものを市長の方に金額を伝え、最後については市長が美濃酪さんとの面会の中で内諾が得られたということであります。教育委員会の方で立ち会った文書につきましては、全部公開しておりますけれども、最後のところについては、教育委員会は内部で対策費の算定上をして、その金額を交渉過程の中で市長が伝え、内諾を得たということです。

合意したという文書記録はない

4番委員(水野功教委員)
市長の方で話をされたと。その記録については、今までは必ず複数の人が対応をして、記録を残しますが、これについての市長と美濃酪との話し合いの記録は当然残っておるべきだと思いますが、それはありますか。

教育委員会事務局調整監
 市長との面会は教育委員会は立ち会っていませんが、市長にはたくさんの方がいつも面会に来ます。すべて記録簿があるわけではないですので。その時のを見ると、ございません。

4番委員(水野功教委員)
 記録があるならあると言われるが、ないからこういう風に言われるのか。それとも出しにくいからということなのか。
議会としても市民に対してしっかりものを言えるようにしていきたいと思う。


教育会館わきの紅梅

 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)