市政の動き − 議会・政策・見解

【17.04.2】子どもの安全こそ最優先に考えるべき 一般会計当初予算反対討論(要旨)

新長島こども園建設、美濃酪跡地は認められない

JCP恵那
平成29年度一般会計当初予算について、反対の討論をいたします。

 アベノミクスによって大きな会社は景気はいいですが、小規模事業や、地方は大変厳しい状況です。
 恵那市は極端な出生児の減少、小坂新市長のスタートの時に、本当に大きな課題が明らかになり、29年度は大変重要な年ということになるわけです。

 恵那市は合併以来、財政の強化に努力をし、特に平等性を重点にしてきました。その地方地方、地域地域での、特徴ということよりも、一本化ということに重点が置かれてきたように思います。当時の職員の削減計画、(合併協定では)これを10年かけてやろうという話だったですが、前市長はそれではいかんということで、半分の5年で、と強力に進められてきました。

国の地方いじめのもとで

 それが、財政力(改善)にとってはよかったか、どうかという話もありますが、しかしそれは、国の地方いじめの下で行われた話です。巨大企業、多国籍企業に役立つ所、中央に役立つ所を支援するということで、経済財政諮問会議の作戦の下、アベノミクスの「世界で一番金儲けのしやすい国へ」ということで地方がその中で苦しんできているのだと思います。

こども子育て政策は重要 市民の意見を聞く市政

そういう中で、今、子ども子育て政策が重点になっています。新年度の予算には長島新こども園について、地域の同意を得て進めていこうとされていますが、今度の新しい市長は、市民の意見を聞くというふうなスタンスで対応されており、大幅な路線変更ではないかというふうに思います。何としても、市民の声を聞くという行政をやっていただきたいと思います。

新生児が二割減と突出 根本原因の究明に総力を

 今、恵那市政で最も重要な課題は、言わずもがな出生児の急激な落ち込みです。執行部からいただいた東濃5市の過去4年間の出生児数のデータでは、他市は数パーセントですが、恵那市だけが21%と、何があったのかと、ビックリするような状況です。改めて指摘しなくてもいいと思いますが、この数値について、まず、その根本原因の究明に総力を挙げ、特に恵那市役所内だけでなく、自分たち自身の問題といえる、若い人たちを巻き込んで話し合うことがいま大事だと思います。市立恵那病院に日本の重大ニュースともいえる産科もできます。ぜひ、市政を本気になって、これまでの行きがかりを捨て、(新子ども園は)乳幼児にとって最も大事な施設。親たち、家族たちがまず考えることは子どもの安全です。それを最重点に考えるところを、選んでいただきたいというふうに思います。  

ヒ素が残り、登園にも駐車場から遠くて不安

 ここにこだわる理由は何ですか。本心が出せない面もあるかも知れませんが、みなさんの御家庭で、「あの場所に造ることになるが、子どもにとっていい場所かね。」と家族に聞いてみてください。せいぜい、「お父さんも大変やね。」との返事ではないかと思います。
○狭くて交通アクセスが悪いこと。
○毎週月曜日の朝、と金曜日の帰り、大きな荷物、布団を持って、駐車場から歩かなければなりません。
○雨の降った日などは、パパは夜勤で居ないし、休みたくなるけど、会社は休むことが出来ない。
○一人ならまだしも兄弟がいたら無理、となって、結局、杉の子に入れるか。
○いっそ中津へ行くか、それともママの実家の多治見へ行くか。
そうなったら、悲劇です。

少子化対策には逆効果

○そして、自然由来のヒ素は安全に埋め込みますと言われますが、他の町では図書館でも、このようなところでは、事業を中止するのに。
○安全にもっとも配慮しなければならないと法律に規定されている乳幼児施設です。「(ヒ素問題も)安全対策で県の許可は取れる」と考えて実行するという職員、執行部はすべて男性です。
○先日の第11回(新長島こども園)建設委員会で、「あなた方は10年経たないうちに退職されるでしょう。ここでいろいろ言ってきたことが実施できることを将来にわたって引き継げることが保障できますか」と厳しい質問が出ていました。

 現在、当該地区へ市中心部からメインのアクセス道路である郵便局前の都市計画道路は、計画から10数年経っても一切進んでいませんし、担当者も「広範囲にわたるとても大きな事業で、長期になる」と答えており、また幾度か洪水の実績もある永田川の対策も、まだ、管理者である県との相談も始まっていません。

何でわざわざ、この場所にこだわるのか、誰と約束したのか

 誰と約束したのですか。誰に義理だてするのですか。義理だてするのは(この園の)主人公である、ものが言えない乳幼児、この子達に義理だてするのが、私たち大人の義務だと思います。672筆の署名もありました。市長さんも市民の声を聞く政治を打ち出してみえます。あの場所での子ども園計画は絶対だめです。幸い、二葉、長島、いずれもすぐに使えなくなるわけではありません。そこが絶対だめなら、他の場所を検討すべきです。
土地はあると思います。

以上の理由を述べ反対の討論と致します。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)