市政の動き − 議会・政策・見解

【18.06.03】恵那市市民意識調査結果発表

総合計画主要課題 厳しい現実

JCP恵那
 恵那市では毎年、「市民意識調査」を実施しており29年度分は12月1日現在の住民台帳から性別・年代・地域の構成を反映させた満18歳以上の2500人を抽出して1月19日から2月1日に実施しましたが、その集計結果が5月22日の市議会全員協議会で公表されました。(有効回答1431件57・2%=昨年1433件57・3%=と毎年高い回答率で自治体間でも評価されています。
この中から、特に子育てに関係する重大なテーマなどについて紹介します。

恵那市行政の課題「総合計画目標値」市民の評価は

〇勸蕕憧超が良いと感じている子育て中の市民(n=240人)
 H28年3人に1人が、H29年は4人に1人と大きく落ち込む

△呂燭蕕環境が良いと感じている市民(n=1,235人)
前年度比△5.5、目標比△6.6と大幅。アベ政治3本の矢は働く者に刺さっている

生活に不安を感じている市民(n=1,431人)
前年度比△5.5、目標比△6.6と大幅。アベ政治3本の矢は働く者に刺さっている

て常生活で困ったときに相談先がある市民(n=1,377人)
  助け合い、繋がりは強くなっている。恵那の良さが伸びている

ァ複遏甍緡鉄超が良いと感じている市民 (n=1,333人)
  新病院への期待の声も多く聞かれ、伸びている

婚・少子化について結婚していない理由は何ですか (n=328人)

’齢、健康上の理由など     28.0%  (昨年調査 28.6% ◆
結婚したいと思える相手がいない 26.5%  ( 〃   32.5%  
0枩との出会いの場がない    22.6% ( 〃   24.3% )
げ搬欧鰺椶Δ曚匹亮入がない   22.3% ( 〃   18.8%

恵那市が伸ばすべき魅力 複数回答 3つまで

‘く環境  58.5%      (昨年調査 56.7% )
医療環境 46.9%    ( 〃    48.2% ◆
子育て環境 33.5%       ( 〃    34.4% )
じ箜攣楡 17.6% ( 〃    15.6% )  

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)