市政の動き − 議会・政策・見解

【18.08.26】恵那市議会 9月議会 8月28日から

29年度一般会計 決算 形式収支14億1998億8722万円の黒

JCP恵那
前年度決算を審査する恵那市議会9月議会は28日から始まります。それに先立ち21日、予定議案等を説明する「全員協議会」が開かれました。
 決算議案の中で、一般会計歳出決算は前年286億8015万円に比べ約15億円減の271億8573万円でした。実質収支は13億円の黒字で8億円を施設整備基金に積立する、補正予算も合わせて上程されます。
 決算の評価については、9月13・14両日開かれる「決算特別委員会」(7名で構成・共産党議員団からは遠山信子議員が担当)で審議されます。

一般会計

一般会計決算  歳入 286億0572万7435円  歳出 271億8573万0220円
 特別会計決算  歳入 149億0070万2893円  歳出 144億7448万2092円
 会計決算総額  歳入 435億0643万0328円  歳出 416億6021万2312円
   差引残額 18億4621万8016円 (昨年 19億6333万1313円)

特別会計

保険給付費が予算より少なかったため
国保健康保険特別会計、今年も大幅黒字

 国保特別会計
 収入済額 64億9428万4283円 支出済額 61億9990万7240円 残額2億9437万7043円
 (28年度 66億2296万4072円 支出済額 63億5706万9248円 残額2億6589万4824円)
 介護特別会計
収入済額 59億02072万1556円 支出済額 58億2307万5822円 残額 7964万5734円

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)