市政の動き − 議会・政策・見解水野のりみち

【18.9.16】総合計画についていま思うこと

一般質問を終わって

JCP恵那

3月19日の総合計画推進市民委員会で総合計画目標「新1年生450人」について、熱い議論があった。

 450人という数字を今大きく下回っているが、450人にした根拠があり、何ができなかったか検証をして、その上で次年度の計画になると思う。との委員からの意見があり、これについて西村貢会長は、「数字修正で終わらない、根本問題が発生しそうだ。抜本的問題について議論せざるを得ない。検証作業、リアルな実態の再把握をして新年度庁内論議、検証作業を進め、この委員会にも報告してほしい。数字調整を超えた議論をする気持ちの整理をお願いしたい。」と450人にかかわった学者としての必死の思いを語られたと感じている。

(西村先生は退任のようです

▲ このページの先頭にもどる