市政の動き − 議会・政策・見解

【18.11.11】市長と語る懇談会

10月26日 長島町

JCP恵那
10月26日、「長島町の市長と語る懇談会」が消防防災センターで開かれました。
「リニア残土運搬経路の不安について、JR東海は、それは工事業者から説明する、と言ったまま返事が無く誠実に対応していない。」との意見が出ていました.
他には、長島小学校改築の要望などが出されていました。
 

11月1日、笠置町

 笠置コミュニテーで約50人の町民が集まり開かれました。例によって小坂喬峰市長から今の恵那市の最重要課題である、人工減少、少子化問題をメインにした「働く・たべる・暮らす」の取り組みについて詳しく説明された後、まちづくり企画部長が笠置地域自治区の取り組みについて、報告しました。
 地域からは、太陽光発電関係条例について、その効果の程度についての質問や、市道寺田石山線の2車線化計画について市当局の取り組み姿勢、中部電力のリニア専用送電線の対応等について意見が出されていました。
 子育て世代からは、こども園制度や、学童保育の今後について質問していましたが、若い人がまちづくりの取り組みに参加されることはすばらしい。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)