市政の動き − 議会・政策・見解水野のりみち

【19.03.17】自衛隊募集協力はプライバシー保護が前提で

自衛隊が来て書き写つしている

JCP恵那
3月4日に開かれた議会の総務文教委員会で水野議員の問い合わせに対して、「恵那市住民基本台帳を閲覧し、転記した対象者宛名の書かれた封筒を市へ持参されてそれを恵那市から郵送している。委託料を受けとっている」と総務課長が説明。後日市民課長に確認したところ「今年は2名の職員が来庁、住民基本台帳から転記されていた。あくまでもプライバシー保護が前提で対応しています」とのことでした。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)